Kozo Toyota のすべての投稿

アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル奏者。 東京芸術大学音楽部楽理科卒業(音楽民族学)、 同大学大学院音楽研究科修士課程修了(音楽教育)。 トム・ドゥーリー、ブライアン・フィネガン、ケヴィン・クロフォード、リアム・ケリー、エーモン・ コッター、ジョン・ケリー、キアラン・マネリー、ギャリー・シャノン、イーファ・グランヴィラ、ジョン・ウィン、ジョン・リン、ハンズ・アラキ、ハリー・ ブラッドリー、オーイン・オサリヴァン、マイケル・ キング、シェイマス・オドンネル各氏のアイリッシュ・フルートの指導を受ける。 アイリッシュ・ユニットO'Jizo、Toyota Ceili Band、(e)Shuzo Band主宰。 VOICE SPACE、在日外国人トラディッショナルバンドPaddy Field、ケーリーバンドK:Reunion、詩と音楽のコラボレーショングループVOICE SPACEに参加。 谷村新司「スキタイの歌」、ゆず「代官山リフレイン」、NHK連続テレビドラマ小説『ゲゲゲの女房』、『にほんのうた 第一集』~「ちいさい秋みつけた」(坂本龍一 + 中谷美紀)、葉加瀬太郎「EMOTIONISM」、小林明子『心みだれて』~「Blue Bird」、テレビドラマ「月の光」(音楽:小室等、脚本:市川森一)、みずさわゆうきソロヴォーカルアルバム[Cascade]他、多数の録音に参加。 これまでにシェイマス・タンジー、パディ・キーナン、マイケル・タブラディ、シェイマス・オドンネル、フィドラーズフェスティバル、矢野顕子、谷川俊太郎、小室等、佐々木幹郎、覚和歌子、小口ゆい、まるで六文銭、窪田ミナの各氏と共演。 『坂本龍一プロデュース / ロハスクラシック・コンサート2007』オーディション合格・出演。 日本人として初めてオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本戦に出場。 アイルランド国内の複数のフェスティバルに参加。その演奏が絶賛され、国営放送を始めとする各種メディア(テレビ、ラジオ、新聞等)に取り上げられ、またフェスティバル中の複数のコンサートにも出演。

70%到達!

開始からわずか1週間でご支援頂いた額が、目標金額200万円の70%に到達しました。
7/15現在、JapanGivingの方で1,121,000円、直接お振り込み頂いた282,000円、合計で1,403,000円となっております。
こちらの予想を遙かに上回る勢いで、本当に驚いております。
ケーリーバンド一同、皆様の温かいご支援に心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。

お陰様で先週正式に出場表明を提出することができました。
全員分の航空券もおさえることができ、最も懸念されていた宿泊問題もなんとかなりそうです。

まもなくコンペティション1ヶ月になります。
リハーサルを重ねてより良い演奏ができるよう準備していきたいと思います。

クラウドファンディングの方は引き続きご支援を募っております。
宜しくお願い致します。
http://japangiving.jp/p/4469

今月は18(月・祝)に定例ケーリーがあります。
ご支援下さっている皆様のために、精一杯伴奏したいと思います。
ご来場をお待ちしております。
また、8/13(土)には壮行会を兼ねたコンサートイベントを企画して頂いております。
詳細が決まり次第お知らせ致します。

7月18日(月・祝)
定例ケーリー

13:45〜16:45
(13:00〜13:45 初心者のためのワークショップ)

国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線参宮橋駅 下車
徒歩約7分
http://nyc.niye.go.jp

参加費:¥1500

結成5周年!しまケーリー!

皆様、たくさんのご寄付ありがとうございます!

お陰様でわずか2日で¥346000、直接お振り込み頂いた方々も合わせると¥456000に達しています。

これだけ多くの人に支えて頂いているというのが正直自分の想像を遙かに上回っていて、涙でそうになりながら通知を受け取っています。

ご寄付、拡散、本当にありがとうございます!

現時点で目標額のおおよそ1/4を達成しました。

引き続き宜しくお願い致します!

 

 

さて、実はToyota Ceili Bandは7/1で5周年を迎えました!

それに当たってHPを大幅に改修しております。

8割位は完了しました。

基本理念や目標も5年経つと状況がかなり変わってきていて、みんなで相談して次の5年の目標を立てました。

当初の目標はこんな感じでした。

————————————————————————–

<Toyota Ceili Bandについて>
日本に於けるケーリー・バンド主導の定例ケーリーの開催を望む根強い声に押されて、2011年6月に結成。
即戦力よりも、5年先を見据えた若手中心の編成。
——-
<基本理念及び目標>
・まずは定例ケーリーの隔月開催。
・最終的には月一を目指す。
・いずこのサークル、いずこのクラスからも分け隔て無く参加できるケーリー。
・老若男女、初心者からベテランまで楽しめるケーリー。
・ダンサーさんが3時間しっかり満足できるような圧倒的クオリティの伴奏と進行。
・今後増えゆくと予想される若者のダンス参加の受け皿に。
・5年でダンサーさんを200人以上に増やす。
・日本に於けるダンス伴奏のレベル引き上げ。
——-
<基本を逸脱した大それた野望あるいは戯れ言>
・自動車メーカー、トヨタをスポンサーにつけ、その協賛金でアイルランドに遠征。
・フラー・キョールあるいはエニス・トラッド・フェスティヴァルのケーリー・バンド・コンペティションに参戦する。

————————————————————————–

 

なかなか面白いと思いません?

実際に若手はちゃんと育ってきました。

毎月の定例ケーリーにはなっていませんが、間の月にはShall We “Irish” Dance?を開催できています。

分け隔て無くは一番やりたかったことで、これはある程度達成できているかなと。

クオリティについては当初からすれば大分上がってますけど、まだまだ改善の余地はいくらでもありますね。

若者は最近になって本当に増えてきました。

200人、これトータルだとちょっとわからないので、これから5年でコンスタントに100人を目指します。

そして、笑っちゃうのが最後なんですが、まさかのこれがこんな早い段階で実現できそうなところまで来ている、これには本当に驚きました。

新しい目標はこちら

是非見比べてみて下さい。

 

さあ、そして、記念すべき5周年のケーリー、あ、実はケーリー自体は9月に始まったので、正式にはそっちが5周年かもしれませんが、とりあえず結成5周年のケーリーが7/18(月・祝)海の日にあります!

アイルランドに行くための準備でばたばたしているのであまり大きなことはできませんが、この日は海の日にちなんで普段真っ黒な服を着ているメンバーが全員ボーダーを着て演奏します。

しまケーリーです。

もし宜しければ是非皆さんもボーダーを着てきて下さい(笑)

皆様のご参加をお待ちしております!

 

定例ケーリー

7月18日(月・祝)
13:45〜16:45
(13:00〜13:45 初心者のためのワークショップ)

国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線参宮橋駅 下車
徒歩約7分
http://nyc.niye.go.jp

参加費:¥1500

クラウドファンディングのお願い

先日ご報告致しましたように、私達Toyota Ceili Bandは、先月行われた日本で初めての、アイルランド公認のコンペティションのケーリーバンド部門で優勝し、8月にアイルランドで行われるフラー・キョールと呼ばれる最も大きなフェスティバルのコンペティション本戦に出場する権利を獲得致しました。

実はこのアイルランドでのケーリーバンドコンペティション出場は、バンド結成当初からの大それた野望の一つでしたが、まさかこんなに早く実現のチャンスがやってくるとは思いもよりませんでした。

出場が実現すればアジア圏からこの部門への出場は史上初という歴史的快挙になるのですが、驚くべきことに渡航費、滞在費の一切が自費で、10人編成で行われるこの部門の場合、ピークシーズンの航空券と滞在費だけでも200万円近くかかります。

出場が決まったのは6月下旬でしたので、まだ安い時期に事前に準備することも厳しい状況でした。

メンバーのうち数名は特にフルタイムのミュージシャンであるため、経済的余裕も無く、出場そのものが危ぶまれております。

この状況を打破し、何とか出場するために、この度私達はクラウドファンディングの制度を使わせて頂くことになりました。

基本的にはご寄付という形になっておりますが、金額に応じて元手のかからない心ばかりのギフトもご用意致しました。

どうか私達のコンペティション出場にご支援を頂けないでしょうか?

奇しくも本日は七夕。

私達の夢に一緒に乗っかって下さる方々の、温かいご支援をお待ちしております。

クラウドファンディングによるご支援はこちらからお願いします。

ケーリーバンドコンペティション優勝と本戦出場について

twitterでは既に速報を出しておりますが、Toyota Ceili Bandはお陰様で、6/19に行われたフェーレ(アイリッシュ音楽とダンスのフェスティヴァル)における日本国内初のアイルランド公認の伝統音楽のコンペティションで優勝致しました。

そして、8月に行われるオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本戦への出場枠も獲得しました。

もし出場すれば日本だけでなく、アジア圏から初めてのケーリーバンドの出場という歴史的快挙になります。

ただ、渡航費は全額自費で、ピークシーズンに10人行くとなると、渡航費だけで200万円位かかります。
故に実際に出場できるかはその費用を工面できるかにかかっています。

現在、クラウドファンディングの準備を全力で進めております。
準備ができ次第公開致します。

実は本国のケーリーバンドコンペティションへの出場は、バンド結成時からの大それた夢でした。

まさか実現できる可能性がこんなに早く出てくるとは想像もできませんでした。

ただ、現状この夢は皆様のお力添え無くしては実現しません。

どうかその際はご協力を宜しくお願いします。

ケーリーバンドコンペティション優勝!

先日行われたCCE Japanのケーリーバンドコンペティションは、お陰様で我々Toyota Ceili Bandが優勝、初代チャンピオンになりました。

他のどのバンドよりも練習し、緻密につくりあげてきたつもりでしたが、どのバンドも魅力的な演奏でしたし、たくさん練習したことが返って重圧になり、また、普段のアイリッシュとは違って、旋律を全て変奏も含めて全員一致させなければならないというケーリーバンドコンペティション独特の様式も相まって、かなりの緊張を強いられました。

ですが、その独特の様式の面白さも聴いて下さっていた方々に伝わったようで、来年以降All Ireland Fleadh Cheoilのケーリーバンドコンペティション出場に向けてとても良い足がかりになったと思います。

関係者の皆様、聴衆の皆様、ありがとうございました。

   

    
    
    
   
※一部の写真をCCE Japanやアイルランド大使館などから転載しています。

本日はケーリーバンドコンペティション!(リハーサル)

本日Toyota Ceili BandはCCE主催のケーリーバンドコンペティション(リハーサル)(笑)に出場します。

アイルランドからPat Murphyさんというダンスの先生が来日されていて、彼が審査員です。

13:00からスタートします。

場所は中野ゼロホールの大きなリハーサル室です。 

この日のために散々練習しましたが、やはり今はみんな少しナーバスです(笑)

リハーサルの様子  

今はお寿司屋さんでお昼ご飯。

    
 

7/20ケーリー御礼、8/1Shall We “Irish” Dance?、9/6コンペティション

先日のケーリーにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。

この日はフィドル2、フルート2、アコ、ドラム、ピアノの7人で伴奏致しました。

9月頭に東京で開催されるケーリーバンドコンペティションに向けて着々と準備を進めている流れもあり、厚めの豪華な伴奏になってきています。
 最近のリハ風景。 
今回の非公式のコンペティションはともかく、本場のフラー・キョールのコンペティションは、ルールには書かれていない細かい採点基準があり、まぁこれがじつに面倒臭いんです。

もう本当に発狂しそうな位神経を使う。

弾いている感覚的には普段のお気楽なアイリッシュとはもう全く別の音楽に近いかもしれません。

でもまぁ一応来たるべき将来を見据えて本家本元の基準に則って今回のコンペティションにも望むつもりです。

コンペティションは9/6(日)@中野ゼロ。

一般の方々も入れますし、盛大なケーリーもあります。
そして、次回の8/1(土)のShall We “Irish” Dance?では、予行演習としてその一部あるいは全部を披露します。

お楽しみに。

Shall We “Irish” Dance?本編はPlain set祭りです。

これまで数回に渡って取り上げてきたこのセットを一気に総復習的にさらいます。

勿論前のワークショップを忘れてしまった方も初めての方も大歓迎です!

Toyota Ceili Band Presents

Shall We “Irish” Dance?

Plain Set Full Course Party!

8/1(土)

Open 13:00/Start 13:30

SARAVAH東京

〒150-0046

東京都渋谷区松濤1-29-1

渋谷クロスロードビル B1

TEL/FAX 03-6427-8886

http://i-amusee.com/saravah/

参加費

予約:¥2000

当日:¥2500

1ドリンク込み

ご予約はtoyota.ceiliband@gmail.comまで。

5月の定例ケーリー、6月のShall We “Irish” Dance?

5〜6月は立て続けに2本ダンスイベントです。
お誘い合わせの上、ご参加ください。

定例ケーリー
5月31日(日)
13:45〜16:45
(13:00〜13:45 初心者のためのワークショップ)

国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線参宮橋駅 下車
徒歩約7分
http://nyc.niye.go.jp

参加費:¥1500

Toyota Ceili Band Presents
Shall We “Irish” Dance?

6/6(日)
Open 13:00/Start 13:30

SARAVAH東京
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-1
渋谷クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
http://i-amusee.com/saravah/

参加費
予約:¥2000
当日:¥2500
1ドリンク込み

ご予約はtoyota.ceiliband@gmail.comまで。

Shall We “Irish” Dance?満員御礼

4/8のShall We “Irish” Danceにお越しの皆様、ありがとうございました!

お陰様でたくさんの方々にお越し頂き、会場は熱気で溢れました。

この日はの課題はPlain setのFigure5でひたすらJigがだったため、バランスも考えて豊田は初めて大半をボタンアコーディオンで演奏しました。

フルートを弾いている時とは全然立ち位置や感覚が違って面白いですね。

緊張はしましたけど(笑)


次回のShall We “Irish” Dance?は6/6(土)、定例ケーリーは5/31(日)になります。

皆様のお越しをお待ちしております!

定例ケーリー

日時:5月31日(日)

13:45~16:45

(初心者のためのワークショップ13:00~13:45)

施設名:国立オリンピック記念青少年総合センター

所在地:〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1

小田急線参宮橋駅 下車

徒歩約7分

http://nyc.niye.go.jp

会費:1500円

3/17御礼→4/8 Shall We Irish Dance?

3/17のICFスペシャルケーリーにお越し頂いた皆様、ありがとうございました!

セントパトリックスデー当日!
バンドは9名!
ダンサーさんは13.5セットにも及ぶ、ケーリーとしては過去最大のものになりました。
本当に楽しい時間でした。
これからも益々アイリッシュセットダンスを楽しむ方が増えて下さることを願ってやみません。

さあ、そして、早速来週の4/8(水)には渋谷のサラヴァ東京でShall We “Irish” Dance?が開催されます。

初心者のためのワークショップ → ライヴ → みんなで再び踊る!

という流れになっているイベントです。

初めての方からベテランの方まで一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

皆様、お誘いあわせの上、是非ご参加下さい。

Toyota Ceili Band Presents
Shall We “Irish” Dance?

4/8(水)
Open 19:00/Start 20:00

SARAVAH東京
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-1
渋谷クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
http://i-amusee.com/saravah/

参加費
予約:¥2000
当日:¥2500
1ドリンク込み

ご予約はtoyota.ceiliband@gmail.comまで。