カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

ケーリーバンドコンペティション優勝と本戦出場について

twitterでは既に速報を出しておりますが、Toyota Ceili Bandはお陰様で、6/19に行われたフェーレ(アイリッシュ音楽とダンスのフェスティヴァル)における日本国内初のアイルランド公認の伝統音楽のコンペティションで優勝致しました。

そして、8月に行われるオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本戦への出場枠も獲得しました。

もし出場すれば日本だけでなく、アジア圏から初めてのケーリーバンドの出場という歴史的快挙になります。

ただ、渡航費は全額自費で、ピークシーズンに10人行くとなると、渡航費だけで200万円位かかります。
故に実際に出場できるかはその費用を工面できるかにかかっています。

現在、クラウドファンディングの準備を全力で進めております。
準備ができ次第公開致します。

実は本国のケーリーバンドコンペティションへの出場は、バンド結成時からの大それた夢でした。

まさか実現できる可能性がこんなに早く出てくるとは想像もできませんでした。

ただ、現状この夢は皆様のお力添え無くしては実現しません。

どうかその際はご協力を宜しくお願いします。

Shall We “Irish” Dance? が変わります。

Toyota Ceili Bandはもうすぐ5周年。
首都圏におけるアイリッシュセットダンスの状況もこの5年で随分変わってきました。
とりわけ先月のケーリーでは若い学生さん達がかなり熱心に予習をしてきていて、始めて間もない方々ですら難なく踊っている絵に大きな衝撃を受けました。

Shall We “Irish” Dance?が初めて開催されたのは2012年の10月。
当初の目的は、新しくダンスを始める人達の窓口になることでした。
5周年の節目に当たって、我々はこの役割は既にある程度果たされているのではないかと考えました。
むしろ各地の大学に次々とつくられているアイリッシュ音楽サークルでダンスに出会うケースが多くなってきたからです。

一方で、そのような形でダンスを始めた方々も、3時間のケーリーに参加するとなるとハードルは大きく上がります。
ダンスを始めた人がどうしたらスムーズにケーリーに移行できるか。
我々はこのギャップに長年頭を悩ませてきました。

そこで、今回からShall We “Irish” Dance?は方針を大きく転換することにしました。
新たな役割は最初の第一歩ではなく、基本的なステップや動きを丁寧に練習することで、ダンスの本来の楽しみをより深く味わい、自信を持つきっかけにしてもらうこと。
セットのフォーメーションを次から次へ覚えることよりも、どのセットにも共通して登場するベーシックをしっかり身につけることを優先します。

ダンスを初めてみたけど、まだまだわからないことが多くてもう少しじっくりやってみたいという方、あなたにぴったりのイベントです。
是非一緒に練習しましょう。

初めての方、ペースはゆっくりですので勿論大歓迎です。

ベテランの皆様。
今回からパートナーチェンジを多めにし、たくさんの方と踊る機会をつくります。
初心者にとってうまい人と踊ることは最も重要なステップアップのチャンスになります。
是非、皆さんの培ってこられた技術を始めて間もない方々に還元して下さい。
また、色々な方とベーシックを踊ることはベテランの皆様にも様々な気づきをもたらしてくれると思います。

では、今週末Shall We “Irish” Dance?でお目にかかりましょう。

———————–

<日時> 6月11日(土) Open 12:30/Start 13:00
<場所> SARAVAH 東京
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1
http://i-amusee.com/saravah/

<参加費> 予約:2,000円、当日:2,500円 (1ドリンクつき)
<予約方法>
・お名前 ・人数を toyota.ceiliband@gmail.com までご連絡ください。

ケーリーバンドコンペティション優勝!

先日行われたCCE Japanのケーリーバンドコンペティションは、お陰様で我々Toyota Ceili Bandが優勝、初代チャンピオンになりました。

他のどのバンドよりも練習し、緻密につくりあげてきたつもりでしたが、どのバンドも魅力的な演奏でしたし、たくさん練習したことが返って重圧になり、また、普段のアイリッシュとは違って、旋律を全て変奏も含めて全員一致させなければならないというケーリーバンドコンペティション独特の様式も相まって、かなりの緊張を強いられました。

ですが、その独特の様式の面白さも聴いて下さっていた方々に伝わったようで、来年以降All Ireland Fleadh Cheoilのケーリーバンドコンペティション出場に向けてとても良い足がかりになったと思います。

関係者の皆様、聴衆の皆様、ありがとうございました。

   

    
    
    
   
※一部の写真をCCE Japanやアイルランド大使館などから転載しています。

5月の定例ケーリー、6月のShall We “Irish” Dance?

5〜6月は立て続けに2本ダンスイベントです。
お誘い合わせの上、ご参加ください。

定例ケーリー
5月31日(日)
13:45〜16:45
(13:00〜13:45 初心者のためのワークショップ)

国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線参宮橋駅 下車
徒歩約7分
http://nyc.niye.go.jp

参加費:¥1500

Toyota Ceili Band Presents
Shall We “Irish” Dance?

6/6(日)
Open 13:00/Start 13:30

SARAVAH東京
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-1
渋谷クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
http://i-amusee.com/saravah/

参加費
予約:¥2000
当日:¥2500
1ドリンク込み

ご予約はtoyota.ceiliband@gmail.comまで。

4月のShall We “Irish” Dance?日程変更

4月のShall We “Irish” Dance?の日程が変更になっています。

4/19の予定でしたが、4/5になりました。

一部既に配られたフライヤーには4/19と書かれていますが、正しくは4/5です。

お間違えないよう宜しくお願いします。

4/5(土)
Open 12:30/Start 13:00

Shall We “Irish” Dance?

SARAVAH東京
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1
渋谷クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
http://i-amusee.com/saravah/

参加費
予約:2000円
当日:2500円
1ドリンク込み

ご予約はtoyota.ceiliband@gmail.comまで。

Circle of Irish Music and Dance

先日のケーリー、昨夜のバスキングにおいで下さった皆様、ありがとうございました!

今週末は一昨年末に演奏した葉月ホールハウスでライヴです。
ダンスも入ります。
聴きたい人、踊りたい人、どちらも大歓迎です!

【Toyota Ceili Band】Circle of Irish Music and Dance

日本画家・五十嵐朋子展[輪舞]で奏でる
アイリッシュダンス・Ceili(ケーリー)のための
本格的ダンスミュージックライブ!
ダンサーさんも初心者の方も、
もちろん聴いて愉しむお客さまも大歓迎!

2014年01月25日(土)
OPEN 15:00 START 16:00

出演
【TOYOTA CEILI BAND】
アイリッシュフルート ●豊田耕三 ●
フィドル●沼下麻莉香●
スネアドラム●北川友里●
ピアノ●小田朋美●
絵とお話●五十嵐朋子●

要予約 2000円+ドリンクオーダー 当日2500円 限定50席
葉月ホールハウス 03-5310-3546 にて電話予約受付中 

〒167-0041 東京都杉並区善福寺2-30-19

最寄り駅: JR/西荻窪駅
JR&丸の内線/荻窪駅
JR&井の頭線/吉祥寺駅
西武新宿線/上石神井駅 

http://hazukihh.com/index.html

11/3のケーリーに関する緊急告知!

先日の定例ケーリーもたくさんの方々においで頂き、大いに盛り上がりました。
icfとのタイアップで若い学生さんも多く、マックスで全部で6セットになりました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

次回は10/13(日)のShall We Irish Dance?になります。
初期に配った一部のフライヤーにはミスで夜の時間が書かれていますが、土日開催のいつもの時と同様、12:30開場、13:00開演になります。
お誘い合わせの上、お越し下さい。

Toyota Ceili Band Presents
Shall We “Irish” Dance?

10/13(日)
Open 12:30/Start 13:00

SARAVAH東京
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-1
渋谷クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
http://i-amusee.com/saravah/

参加費
予約:¥2000
当日:¥2500
1ドリンク込み

ご予約はtoyota.ceiliband@gmail.comまで。

そして、その次の11/3(日)のケーリーは、新しい実験的な形になります!
これまでのケーリーは3時間ぶっ通しで踊るダンスの種類も数も多く、初心者には少々大変で、ついていくのが精一杯という声があり、Shall We Irish Dance?で初めてセットダンスに出会った方々も、次にケーリーまでギャップがあり、踏み出せないという現状がありました。
そこで、11/3のケーリーは試験的に、Shall We Irish Dance?でこの一年間小分けにして取り上げ続けてきたクレアランサーズセットと、それよりさらに基本的なパーツのみで構成されるカレドニアンセットの2つのみを繰り返します。
恐らく3回ずつはできるのではないかと思いますが、もう今までのを忘れてしまったという方も、同じ時間の中で3回踊れれば定着率は見違えるように上がります。
1回目だけはゆっくり目に確認しながら、続く2巡目3巡目は比較的さくさく進める予定ですので、ベテランの方もこれまでよりテンポ良く楽しめるのではないかと思います。
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

定例ケーリー
日時:11月3日(日)

13:45~16:45
(初心者のためのワークショップ13:00~13:45)

クレアランサーズ、カレドニアンのみをひたすら繰り返します!

施設名:国立オリンピック記念青少年総合センター
中練習室
所在地:〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線参宮橋駅 下車
徒歩約7分

http://nyc.niye.go.jp
会費:1500円

M.O.D.S.(Music Organization for people with Down Syndrome)Vol.1 未来へのサウンド ~すべての人々をつなぐ音楽の集い~

3/23にToyota Ceili Bandが出演するイベントの情報です。

M.O.D.S.(Music Organization for people with Down Syndrome)Vol.1
未来へのサウンド ~すべての人々をつなぐ音楽の集い~

2013/03/23 (土)
13:00 – 17:00

会場
大手町パソナグループ本社
チケット
全席自由<早割> 売り切れ ¥1,800
全席自由 ¥2,000
販売期限: 2013/03/16 13:00:00
※コンビニ / ATM でのお支払いは、販売期限の 5 日前に締め切られます。

民族や思想の違いを乗り越えて、世界へと広がっていく音。
まっすぐに胸へと届く音。
何ものにも縛られない、生まれたてのまっさらな音。
きっとそれらが世界を、そして私たち自身を変えていく。
そんな想いを形にした、音楽フェスティバルが開催されます。
奏でるは、こころの垣根を軽やかに跳び越える、音の越境者たち。
あらゆる境界を越え、 未来へのサウンドが響きあう一日へ、ようこそ。

【出演アーティスト】
新倉壮朗 with マライカ(African Drum) 魂のパーカッショニスト
※写真撮影者 足立剛一

1986年生まれ。ダウン症。幼少より音に豊かな反応を示した。
特にリズム感は抜群で、体や楽器での表現は目を見張るものがあった。
8才の頃、即興弾きするピアノの音はすでに独特の世界を持っていた。
11才の時、アフリカのセネガルの太鼓「サバール」を知る。
その後、在日のアフリカンミュージシャン達と演奏を重ね、サバールやジャンベで思いのたけを響かせる。
2002年より「新倉壮朗の世界」と題して定期的にコンサートやミニライブを開き、パワフルなステージを繰り広げている。
各地でタケオにしか出来ない、タケオだから出来るオリジナルなコンサートを太鼓仲間マライカと共に発信し、音を楽しむ魅力をメッセージしている。
2008年、念願のセネガルに行き、現地の人々の輪の中でたたき、踊り、歌い、満喫する。
2011年、セネガルでの様子を中心にタケオと人々、音楽を介したコミュニケーションを描いたドキュメンタリー映画「タケオ」が完成し、全国で公開中。
サバールの神様ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ氏は「すごいエネルギーを持ったアーティスト」と評価した。
イギリスのアミキイギリスのアミキ・ダンス・カンパニーの主宰者ウォルフガング・シュタンゲ氏は「感じた心を音と体で表現する能力は natural giftであり、偉大な creative artist 」と絶賛している。

http://niikuratakeo.net
http://takeoyume.exblog.jp

マライカ(新倉壮朗with friends)
2002年よりタケオのノリノリの音楽が好きな仲間たちが集まり、各地のイベントにタケオと共に出演し、パワー溢れる演奏を展開している。2007年バンド名をマライカ(スワヒリ語で“天使”)と決めた。

MIMO(Vocal)世界に発信されたGIFT

結婚前からソロシンガー、タレントのバックコーラスをしていたが、ダウン症のある娘を授かったことでシンガーソングライターに転身。
娘の誕生日プレゼントに書いた曲「ギフト」をYouTubeにアップしたところ、反響が大きく「世界ダウン症の日2012キャンペーンソング(DSI)」に起用。4ケ国語に翻訳されて世界へも発信された。
また2012年11月にNPO法人アクセプションズによって日本人としては初めて開催された、ダウン症のある家族たちによる「バディーウォーク」のテーマソングにも起用される。
現在はイベントなどで前述の「ギフトプロジェクト」を展開中。やさしさが広がるような音楽活動を行っている。
・「ギフト」YouTube URL : http://www.youtube.com/watch?v=0SX2yH52vmI

豊田耕三(Irish Flute &Whistles)新たな息吹で奏でるアイルランド伝統音楽

東京芸術大学音楽部楽理科卒業(音楽民族学)、同大学大学院音楽研究科修士課程修了(音楽教育)。アイルランド伝統音楽で重要な位置を占めるフルートおよびティン・ホイッスル、ロー・ホイッスルを究めるべく、国内から本場アイルランドまで、数多くの名手に師事。日本人として初めてオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本選に出場するなど、内外での評価を高める。その一方で、谷村新司・ゆず・坂本龍一・葉加瀬太郎・小林明子などのレコーディングに参加。ジャンルを越えて注目を集めるアイリッシュ音楽の演奏家の一人である。今回は主催するToyota Ceili Bandを率いてのパフォーマンスとなる。
http://www.kozo-toyota.com/

タテタカコ(Vocal,Piano)静寂と激動を行き来するピアノの旅人

ピアノの弾き語りという素朴なスタイルの中に、パンクからアヴァン・ポップまでありとあらゆる表現分野を内包する、ワン&オンリーのシンガーソングライター。カンヌ国際映画祭で主演の柳楽優弥が最優秀男優賞に輝いた映画「誰も知らない」では主題歌「宝石」を歌い、役者として映画にも出演。ARABAKI ROCK FESを始め、夏フェス等へのイベント出演も多い。2012年3月にはタテタカコ with element of the momentによる東日本大震災被災地支援チャリティCD「十一月」をリリース。福島の震災1年後を取材したドキュメンタリー映画「花見山の春~FUKUSHIMA~」では主題歌「ふるさと」の作曲・演奏を担当している。
http://www.tatetakako.net/

・この他、パソナミュージックメイトによるピアノとタップダンスの演奏が予定されています。
http://www.pasona.co.jp/music-mate/

子供や大人が踊りだせるようなスペースもご用意します。

【タイムテーブル】
13:00 開場
14:00 開演
16:00 閉演
17:00 閉場
※開演時間前後には楽器(和太鼓、ジャンべなど)と触れ合う場所を用意します。
面白い楽器もありますよ!お楽しみに!

■後援:
財団法人日本ダウン症協会
アイルランド大使館
—————————————————-
2013年3月23日(土)
■前売 2,000円(税込・全席自由) ※5歳未満のお子様は無料です
※早割 1,800円(税込・全席自由) (いずれも予定枚数終了次第、販売終了)
イベントに関するお問い合わせ: NPO法人アクセプションズ(info_mods@acceptions.org)

詳しくは
http://ptix.co/TqfuZ3

緊急アンケート

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、緊急アンケートです。
現在1/27(日)午後に高円寺のパブ、クルーラカーンでケーリーを開催する交渉をしておりますが、それに当たって、お店側から30人以上の参加を条件として出されています。
普段のケーリーが大体40人位ですので、普通に考えれば問題無いのですが、日程が差し迫ってもいますので、緊急でアンケートを行いたいと思います。
1/27(日)14:00からのケーリーに参加できるという方は
ozok@me.com
までご一報下さい。
30人を超えた時点で開催する運びとさせて頂きます。
なお、普段参加されている方で、この日は参加できないというお知らせも、頂ければそれはそれで助かります。
ご協力の程、宜しくお願いします。

豊田 耕三